TOPへ

会社の中をふらふら歩いてみると vol.3

2021/2/22

ヒカリは受注生産型の仕事スタイルなので、作る装置の大きさや形が様々です。

また作り始める時期や出荷のタイミングもバラバラであるため、都度どのスペースで製作していくか場当たり的に進めていました。

 

これでは効率的なモノづくりに行きつかないということで。。。。。

 

 

モノの流れや工場のレイアウトを決めました!!

最初は窮屈に感じることも多かったですが、慣れてくると無駄な移動時間が減ったり、進捗状況も管理しやすくなってきました。

 

今では上記のモニターで工場内の現状を把握することもできます👍👍👍

モノづくりのルールというと大げさですが、制約を定めたほうがいい時もあります。